新卒採用サイト いますぐENTRY
#K . O .
下にスクロールしてください
INTERVIEW 社員インタビュー
あらゆるセクションを経験できたことは財産。
新入社員の憧れとなるべく、さらなる成長を目指す。
2009年4月、新卒採用第一期生としてアドミックに入社。
翌年関東へ異動となり、ミートセンターの現場管理として従事。
その後、大阪のミートセンターでの現場管理、大阪支店で営業を経て主任に。
2015年には東京支店の支店長代理、2018年には大阪支店の営業課長と昇進を重ね、
2019年6月からは堺営業所の所長に就任。営業所を支店へランクアップすべく奮闘中。
ミートセンターで得た知識と経験が営業の売り上げ増や関係作りの大きな力に。
ミートセンターで得た知識と経験が
営業の売り上げ増や
関係作りの大きな力に。
―現在のお仕事内容を教えてください。
堺営業所で所長をしています。所長と言っても人数が少ないので外勤をしつつ内勤も行っています。エリアは堺市を中心に南は泉佐野市西は富田林市ぐらいまで。堺営業所は以前からあったのですが今期から本格的に始動したばかり。月間売上3000万円を達成できれば支店になることができるので今はそれを目標にがんばっています。
―新卒採用一期生として入社し、11年間で様々な業務に携わってこられたそうですね。
入社する前の年にリーマンショックが起こり、一年目はどこに営業に行っても門前払いという状況からスタートしました。以来、勤務先も大阪支店と東京支店と何度も変わり、セクションも内勤や外勤、事業所の立ち上げや現場管理といった様々なことを経験してきました。
その経験から自分の糧になったことは、当社の核であるミートセンターの管理業務に携わり、アドミックの根幹を勉強できたこと。その後、外勤営業をしていた時に大口のミートセンターへの派遣という案件をいただいたのですが、ミートセンターで働く人は包丁で肉を捌ける技術が必要。人材を集めるのに苦労するのですが、ミートセンター時代で得た人脈から人材を集めることができ、結果営業としての売り上げもぐんと上がり、当時の目標予算を達成できました。そこから営業として加速がつき、次の年に主任に昇進。東京支店では支店長代理となり、関東のミートセンターの管理業務や川崎のミートセンターの立ち上げに取り組んだことも苦労した分思い入れが強いです。
素直に何でも受け入れて対応することで多くの力を得て次の経験へと繋がった。
素直に何でも受け入れて対応することで
多くの力を得て次の経験へと繋がった。
―昇進を重ねることができた要因は?
素直さに長けている点でしょうか。ノーと言わず何でもすぐ受け入れすぐに対応してきたことが大きい気がします。新しいことを受け入れてチャレンジした結果、多くのことを身につけることができました。
各セクションの業務を経験し、それぞれの動きを理解できたことは僕の財産。社外だけでなく社内でのコミュニケーションも大切にしてできるだけ近い立場になってみることで、それぞれの立場や考えも理解することができ、話をする時の説得力も違ってきたと思います。最近では、食品工場へ行った際に衛生面など現場で必要な内容にも対応できるので、お客様との会話の密度が深くなり、強い信頼関係を築くことができました。日々、今まで自分が積み重ねてきた経験が強みとして生かされているなと感じます。
他にも、トップの考えを理解し、どういう思いで取り組めばいいのか意図をしっかり汲んで代弁者となるつもりで体現することを心がけてきました。役職に就いてからはプレイヤーとして動くよりも仕事を振り、管理して、皆で成長して全員が高いレベルに上がる意識を持って取り組む姿勢も重要。後は、無理せず、強弱をつけて仕事を楽しんできたことで長く続けて来られたと思います。
素直に何でも受け入れて対応することで多くの力を得て次の経験へと繋がった。
目標を達成するために全員の意識とレベルアップを図る。
目標を達成するために
全員の意識とレベルアップを図る。
―管理職として大切にしていることは。
まず、トップの思いをすぐに部下へそのまま伝えること。第三者として引いて見て、自分の考えも素直に伝えています。自分たちが取り組む仕事の根底にはトップの考えがあるので、それを受けて自分たちが何をすべきか今の我々はどう動くべきかを発信するようにしています。
目標を達成するには、僕だけがわかっていればいいではなく、常に全員が理解し皆が同レベルで取り組むぐらいにしないと達成しないと思っています。そのためにも、価値観を共有して声を揃えて、全体の動きを整えるぐらいの意識で取り組んでいます。
理想の上司像は、最後は僕がフォローするからと安心感を持ってもらえる人。そのためにも話しやすい雰囲気を作ったり、飲み会などを開いて言いづらいこともじっくり聞く時間を作ったりしています。
僕はあらゆる立場やセクションを経験しながら昇進できた人間として、今後入社される社員の見本とならなければと思っていますし、そういう風に思ってもらえたらうれしい。11年を振り返ると長く勤め続けてよかったと思うことばかり。これからも働き続けて、その姿で思いを指し示していきたいと思います。
就活を行うあなたへ一言
アドミックに決めたのは、当時社長だった現会長と最終面接でお話をしていて、「この人について、ここでいろいろ教えてもらいながらやりたいな」と思えたこと。そして、新卒採用一期生と聞き、がんばれば早い段階で昇進できるかなと思って選びました。当時からアットホームな雰囲気があり、家族のような温かさを感じたので選びました。
11年間アドミックで働き続けられた要因はこの仕事が好きだから。僕は自分らしく、自分の思いのまま仕事に取り組んできました。だめなところもあったけれど、そんな僕を良しとしてくれてありがたい会社だと感じています。ぜひ皆さんも自分も飾らず素でいられる、そんな会社を選んでください。
いますぐENTRY
2009年 新卒入社
#K . O .
いますぐENTRY
堺営業所 所長
2009年4月、新卒採用第一期生としてアドミックに入社。翌年関東へ異動となり、ミートセンターの現場管理として従事。その後、大阪のミートセンターでの現場管理、大阪支店で営業を経て主任に。2015年には東京支店の支店長代理、2018年には大阪支店の営業課長と昇進を重ね、2019年6月からは堺営業所の所長に就任。営業所を支店へランクアップすべく奮闘中。
#K . O .
INFORMATION 募集要項 新卒採用に関する募集要項をご案内します。
株式会社アドミック
Tweets by admic_official